グランピングとキャンプの違い!シーン5つ

グランピングとキャンプの違い その2

 

グランピングとは、自然を楽しみながら贅沢なもてなしを受ける、新しいキャンプのカタチです。

食事や寝床を宿泊施設が用意するため、自分で特別な道具を準備する必要がありません。家族連れや女性でも気軽にキャンプを楽しめます。

グランピングとキャンプの違いは何?

グランピングとキャンプの違い その1

グランピングとキャンプは楽しみ方が違います

キャンプは道具の準備から始まり、テント設営、食事…。その不便を受け入れたり、工夫して克服する過程を楽しみます。

一方、グランピングは不便は取っ払い、仲間とのキャンプファイヤーや、アクティビティ、ラグジュアリーな雰囲気を楽しみます。

どういうことか、初心者がキャンプorグランピングに行くと仮定して、具体的なシーンを見てみましょう。

シーン①準備・詰め込み

グランピングとキャンプの違い その2

キャンプ

まずは必要なものを準備をします。

宿泊の為にテント、寝袋、マットは最低限必要です。

テントを設置するためにペグ、ハンマーを用意しましょう。

テーブル、チェア、ランタンは無いと不便ですから、持って行きます。

食事に必須なのは

  • カセットコンロやバーベキューセット
  • まな板、包丁
  • ケトル
  • 鍋やフライパン
  • 食器セット、カラトリーセット
  • 食材
  • クーラーボックス
  • 食器を洗う道具

です。

軍手、ゴミ袋、虫よけスプレー、ティッシュ、タオルも忘れずに。

 

全部準備したら車に詰め込んで出発です!

荷物が場所をとるので要注意。車に傷を付けないように、途中で荷崩れしないように、丁寧に詰め込みましょう。

キャンプの達人は、道具にこだわっていたり、車もアウトドア仕様になっています!

 

グランピング

大きな道具を準備する必要はありません

着替え、虫よけスプレー、ハンカチ、ティッシュは持って行きましょう。

後は趣味の道具(カメラや絵描き道具)くらいです。

シーン②テントを張る

グランピングとキャンプの違い その3

キャンプ

キャンプ場に到着したら、受付を済ませてテントを張りましょう!

初心者はテント設営に時間が掛かるので、早めに済ませます。

 

まず場所をチェック。川の近くは危ないので避けましょう。

水はけが良く、風が吹き込まない位置を選びます。

地面に大きな石があったら除けておきましょう。

 

数人で作業した方が効率が良いです。チームプレイで取り組みます。

テントを広げ、ポールを通し、テントとポールを合体!

フライシートを被せ、固定したら完成です。

 

完成したら荷物をテントに運びましょう。

テーブルやチェアも配置してコーヒーブレイク…。

 

グランピング

テントは既に張ってあります

キャビンやトレーラーハウスも既に建っています。

 

受付をしたら荷物を運んで、好きなことをしましょう

自然豊かな風景を写真に撮ったり、絵に描いたり。

散策に出かけるのも良いですね。

グランピング場によってはクラフト体験やアクティビティが楽しめますよ。

シーン③料理

グランピングとキャンプの違い その4

キャンプ

お楽しみの料理です!

バーベキューにしますか?カレーにしますか?

キャンプだと料理も盛り上がるから不思議です。

 

料理ができたら美味しくいただきましょう!

後片付けも忘れずに。

 

グランピング

料理は準備されています

一流シェフの創作料理や、準備済みのバーベキュー、こだわり食材のディナーなど、グランピング場が特別な料理を提供してくれます。

シーン④設備

グランピングとキャンプの違い その5

キャンプ

キャンプ場の設備は様々です。高規格キャンプ場なら、

  • 清潔なトイレ、
  • シャワーやお風呂、
  • コインランドリー、
  • 売店、
  • キャンプサイトにコンセント

など、充実しています。

 

高規格キャンプ場で無い場合は、少し不便なときがあります。

シャワーやお風呂が無い、コインランドリーが無いのは連泊しなければ困りませんし、何とかなるでしょう。

一番困るのはトイレです。

トイレが無い、もしくは水洗式ではない場合、慣れないうちは辛いです。

特に子供や女性は嫌がる場合があります。

 

グランピング

設備は充実しており、快適に過ごすことができます

温泉が沸いていたり、Wi-Fiが飛んでいるなど、豪華設備のグランピング場もあります。

シーン⑤宿泊

グランピングとキャンプの違い その6

キャンプ

いよいよ就寝時間になりました。

ランタンの明かりを消して、星空の下で眠りましょう。

 

虫の声や、木々のざわめき、波の音が聞こえますか?

 

意外と地面が硬かったり、寒かったりしますよね。

強風が吹いてテントが飛ばされないか心配になることも…。

 

でも大丈夫

眠れなかったり、テントが不安定だったら、次のキャンプで工夫しましょう。

こうしてキャンプの度にスキルアップするのです。

達人になる頃には、今日の失敗も良い思い出に…

 

グランピング

常設テントやキャビンなどで眠ります。

空調の効いた部屋、柔らかいベッドでゆっくりお休みなさい…

 

グランピングとキャンプの違い!シーン5つ、いかがでしたか?

まとめると、

キャンプ  グランピング

準備が   いる    いらない
テントを  張る    張らない
料理を   する    しない
設備の状況 場合による 整っている
安眠    場合による 安眠できる

キャンプは不便を楽しみます。

グランピングは不便なこと以外を楽しみます。

 

さて、あなたはどちらが好みでしたか?

The following two tabs change content below.
グランピングとキャンプの違い その2